【自分との対話】嫌いな人を確実に消す方法

会話

嫌いな人を合法的かつ確実に消す方法、そんなうまい話があるんです。

結論を言いますと、嫌いな人を消す方法とは「自分の中にもある、その人の嫌いな部分を受け入れて愛する」ということです。

自分の体験上、人間関係の悩みに絶大な効果があります。

世の中、人間関係での悩みを抱えている人が多すぎます。

多いどころか、程度の差はあれ地球上のほぼ全員がそうだと思います。

その中でも特に、ヘビー過ぎる人間関係に振り回されて消耗しきっている人に希望を持って欲しくてこの記事を書きます。(昔の自分に教えてあげたい)

「自分の中の部分を受け入れると、自動的に外側に反映する」という法則は人間関係だけでなく、お金・健康など他の分野にも通用するオールマイティーなものですが、私自身が長いこと人間関係で悩みっぱなしだったので、この分野に絞って書いた方が体験談が豊富で説明しやすいです。

【目次】

  1. 嫌いな人が現れる理由
  2. 逃げると難易度は上がる
  3. 自分を信じる
  4. 自分を受け入れたら、それで終わり

嫌いな人が現れる理由

嫌いな人が目の前に現れるのは、「自分の中のすべての部分を愛する」ためです。

そしてそれは、「自分が生きているこの世界を愛する」「自分の人生のすべてを肯定する」ことと同義です。

自分の中にはたくさんの部分がある

自分の中には色々な部分(感情・記憶・思考の癖・観念など)が存在します。

最初それらが整理されていることはなく、野放し、バラバラです。

散らかりまくった部屋で、どこに何があるかわからない状況をイメージするとわかりやすいです。

自分の中が散らかっているから、意志とは反対の行動を取ってしまうのです。

  • ダイエットしてるのに夜中に食べてしまう
  • 禁煙したいのに吸ってしまう
  • 禁酒したいのに飲んでしまう

そういう「自分で自分がわからない」状態。

あなたは経験がありますか。(私は耳が痛いです)

自分の内側にあるものが外側に反映される

内側の部分は、そのまま外側の世界に反映されます。

人間は「自分を知る」ために、人生でたくさんのことを体験するのです。

そして体験を通して自分の中にあるものを知って、それを一つ一つ統合していきます。

ですから他人を批判することは、他人に投影されている自分の一部分を批判することになります。

批判することは、見ないこと・気づかないことと同じです。

だからその部分はその存在を知らせようと、もっと投影の仕方を強くします。

どんな時も、「人や物事の源泉は自分の中にある」と認めてください。

他の誰かのせいで不快な気分にさせられたのではありません。

自分の中の部分が、自分を不快にさせたのです。

その部分は、長いこと存在を無視されていたので、あなたに存在を認めてもらいたかったからです。

つまり自分を不快にしているのは自分ということです。

逃げると難易度は上がる

人生をコントロールすることも、他人を変えることもできません。

外側にあるものは、内側のものが反映されているだけだからです。

対処できる唯一のものは、源泉である「自分の内側」です。

そして人生は「気づかなかった部分と向き合う」「自分の中の嫌いな部分を受け入れる」という流れで展開していきます。

今いる場所で向き合うべきもの(感情・思考の癖など)があるから、今この場所に存在するのです。

嫌だと言って逃げたら、「いいかげん向き合え」とでも言うように、問題の難易度は上がります。(経験者)

「嫌いな人がいるから」「仕事が嫌だから」と言って転職したら、次の職場にはもっと嫌な人・もっと嫌な仕事が用意されています。

そこでも「嫌だ」と言ってまた逃げたら、理解できないくらい嫌な人・とてつもなく嫌な仕事があなたを待っています。

そこでまたしても逃げたら、ついにラスボス級の嫌な人・ラストステージ級の嫌な仕事が登場します。

おめでとう!

これであなたも腹をくくって嫌いな相手・嫌な仕事と向き合うことを決めることができます。

自分を信じる

外側にあるものに依存しない

それまで逃げているとどうしても敵(相手・状況)が強く見えてしまいます。

【私の場合】

  • 職場の配置:ほとんど全方位を苦手な人(表向きはうまくやれる)・嫌いな人(表向きも無理)で囲まれる
  • さらに仕事内容が超ヘビー

もう、「どうすんだこれ」と毎日思ってましたね。

今だから笑い話になりますが、当時は本当にきつかったです。

あなたも向き合った最初の頃は、「本当にこの状況を乗り越えられるだろうか」と不安になるかもしれません。

でも大丈夫なので、「自分はできる」と信じてください。

自分を信じることができないと、外側の強そうな何かに依存してしまいます。

そういう何かに依存しがちな人に私は言いたいです。

周囲の人の助言はすべて正しいですか。

占い師はあなたの悩みのすべてを解決してくれますか。

精神世界の偉い人・有名な人は、あなたをすべての苦しみから救ってくれますか。

その答えを、あなたは本当は知っています。

他人に依存したら、あなたは自分を弱くします。

外側に依存しないでください。

外側のすべてのものは不確かです。

あなたの内側にはたくさんの部分があり、それぞれがそれ自身の正しさを主張します。

主義・主張がバラバラなたくさんの部分が、そのまま外の世界に投影されます。

内側の部分と外側の投影先が呼応するので、どの意見もそれだけ見れば正しく思えるのです。

だけど全体から見た時、その正しさの絶対性は失われます。

揺るぎない強さを拠点にする

この世界の色々な体験から味わう悩み・苦しみに振り回されている時は、自分を弱く感じてしまいがちです。

だから他人に救いを求めたり、他人に依存する人が多いのです。

自分は弱くて、相手が強く見えるからです。

だけど、「内側のものが外側に反映している」なら、相手の強さはあなたの中にもあるのです。

そしてそういう小さな範囲の強さだけではなく、あなたの中にはもっと大きなもの、あなたの全体に行きわたる絶対的な強さが存在します。

どんな困難にも立ち向かい、それを乗り越えていく糧となるもの。

そういう「揺るぎない強さ」があなたの中には確かにあります。

それを私は断言します。

いついかなる時も、その強さを拠点に思考・行動してください。

迷ってそこから外れてしまっても、気づいた時点でその強さに立ち戻ってください。

何度迷ってもかまいません。

そのたびにあなたは自分の中の強さに立ち返ります。

「自分を信じる」とは、そういう事です。

自分を受け入れたら、それで終わり

浄化の方法はどれを選んでも良い

「自分の内側にあるものが外側の世界に投影されている」ので、投影元である自分に向き合って受け入れたら、外側にある相手・状況も変わります。

自分の中の部分を受け入れるには、セドナメソッド、ブレインダンプ、ホ・オポノポノ、「愛しています」のアファメーションあたりが良いと思いますが、自分がいいと思う浄化の方法を選んでください。

浄化の方法は「クリーニング」「きれいにする」「解放する」「手放す」「受け入れる」「愛する」「感謝する」などたくさんありますが、どれも根本的には同じです。

▽関連記事:浄化の方法の例

▽関連記事:効果が上がるフレーズ

▽関連記事:ホ・オポノポノは人間関係に効果絶大

人生は現代風RPG

そうして自分を受け入れたら、現実はどう変わるのか。(私の場合)

【嫌いな人】

  • 嫌いな人が親切になる(相手が変化)
  • 相手の嫌いな部分が気にならなくなる(自分が変化)
  • なぜか相手が突然いなくなる(消滅)

【嫌いな仕事】

  • 努力が評価されて、仕事がおもしろくなる
  • なぜかわからないが、突然別の部署に異動になる
  • 部署の方針が変わって、自分の負担が減る

先のことはわかりませんし、だからこそ人生は不思議で魅力的なのです。

人生は現代風RPGです。

攻略本で次の展開がわかっていたら、そのおもしろさは半減します。

世の中、色々なゲームがありますが、人生ほど不思議で深みのあるゲームはありません。

ゲーム画面に向き合ってばかりいるより、現実に向き合った方が不思議なこと・おもしろいことをたくさん体験できます。

【私の不思議な体験】

  • 苦手な人・嫌いな人に対する感情に向き合って、それを受け入れた。
  • 結果:半年間で4人、目の前から消えた(相手が退職・相手が異動・自分が異動)。

  • 苦手な仕事を任されて毎日ストレスで胃に穴があきそうだったが、自分なりに工夫して仕事におもしろさを見出した。
  • 結果:突然、別の部署へ異動になり、自分に向いている仕事を任され仕事が楽しくなった。

人生を体験する

自分の中の見失っていた部分を受け入れたら、それについてはもうそれで終わり。

とてもシンプルな過程です。

次の展開があなたを待っていますが、何があっても乗り越えられるので、安心して人生を体験してください。

そして体験したすべてのものが宝物であると知ってください。